安心保証のついたAEDレンタル

墨田区で胸やけが続いたら消化器内科を受診する

居酒屋でお酒を飲んだり、脂っぽいものを食べる機会が多いせいか、頻繁に胸やけを起こすという方は、逆流性食道炎の可能性があります。墨田区でそのような症状があるときは消化器内科を受診し、検査を受けるようにしてください。市販の胃腸薬を飲んでもなかなか治らないときは、お医者さんが処方してくれる薬で治しましょう。逆流性食道炎の症状は人それぞれなので、胸やけがするだけでなく、胸や胃が痛くなったり、すっぱいものが上がって来ることもあります。

咳が出たり、のどに違和感があるときも逆流性食道炎の症状なので、ただの風邪だと思って油断しないことが大切です。墨田区の消化器内科を受診すれば、内視鏡検査により逆流性食道炎かどうかがわかります。粘膜に傷がつき、びらんとなっているのが特徴なので、検査でそれば見つかれば、薬物治療と生活改善によって治します。墨田区の消化器内科の多くは、逆流性食道炎の治療の際に薬物療法を行います。

酸分泌抑制剤などの内服薬を服用すれば、次第に症状が和らぐので、用法用量を守って飲むようにしてください。薬の効果が見られないほど症状が進行していた場合は、逆流を防止するための手術を行うこともあります。食道がんにかかると、逆流性食道炎とよく似た症状が起こります。放置しておくとどんどん悪化し、取り返しのつかないことになる恐れがあるので、胸がつかえるなどの違和感がある人は、早めに墨田区の消化器内科で検査を受けるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です